FC2ブログ
  • プロフィール

    ジッパ

    Author:ジッパ
    FC2ブログへようこそ!
    乙鯖、イング生まれで海事メインのはずが、なぜか生産に時間が掛かってるジッパです。やりたい事多すぎて迷走中(゚∀゚)

  • FC2カウンター

  • アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    オンラインゲーム
    5784位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    大航海時代オンライン
    258位
    アクセスランキングを見る>>
  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/06/05(Sun)

襲われちゃったのよん・・・ララランラン

えっと、苦手な物語形式で書いてみますヽ(´▽`)ノ
こんちわ ジッパです^-^
イチオウ 賞金首=色ネサン 海賊=NPCと脳内変換して頂けると
助かりますm(_ _)m


「船長、倉庫でネズミが繁殖してて魚肉の樽が随分と
 荒らされてるようですぜ・・・」
見慣れない船員が報告にやって来た。
移動用の突撃オスマンから収奪用の突撃オスマンに乗り換え
ジャカルタで船員が一気に倍以上に膨れた事もあり
今、船の中は古株の船員達が 指導の為に四苦八苦している
状態だった。
「ニーナとランスロットはどうした?」
報告に来た船員に聞き返すと
「ニーナさんは収奪班の連中と、ランスロットさんは航海班の
 連中と打ち合わせをそてる最中のようです。」
だから船長の所に来たんですけどね、と船員の顔が少し困った風に
見えた。
しょうがねぇ、目的の征服者も見当たらないし 新しい船員どもにも
船の中の事を少しでも早く覚えて貰わねぇとなと思い
「それじゃ俺が行って対応するから、手の空いてる新人どもを
 集めて来い。まとめて説明してやる。」
報告に来た船員が 新人達を集めに戻ってから5分後程だったろうか。
数人の倉庫係りの新人達を前に、ネコイラズの保管場所や
撒き方などを説明していると突然
どぉーんと言う轟音と供に船体が大きく揺さぶられた。
ギシギシと船体が悲鳴を上げる最中、甲板に走り出てみると
左舷後方から2隻の賞金首らしき船が接舷させようと
向かって来ていた。
突然の襲撃に船員達は混乱してしまい白兵迎撃の準備すら
出来ていない。
古株の船員達も 混乱している新人達を抑えるのので手一杯の
様子だ。

統率を掛ける間もなく接舷され白兵戦が始まる。
このままじゃ何も出来ない内に拿捕されちまう、まずは
敵船を切り離さないと思い撤収の鐘を響かせてみたものの
上手い事伝令が伝わらず 一行に撤収が効かない。
「古株どもが頑張ってはくれてるが、まだ雇い入れた新人どもが
 慣れる前に襲撃を喰らっちまうとは・・・ なんてタイミングだ。」
危険海域だってのに席を離れた事を 今になって後悔していた。

船員の数が2/3程まで減った頃だったか・・・
「船長 敵艦隊の船長が2人、甲板戦を挑みにこちらの船に
 移ってきました。」
古株の船員の一人が報告にやって来た。
さすが長い事一緒に航海して慣れたヤツだ。
こんな状態でも落ち着いてやがる。
さて、甲板戦か・・・
古からのしきたりで 挑まれたからには逃げる訳にはいかない。
甲板中央に船員達で囲んだリングが出来上がっている。
その中央に敵の船長2人が待っている。
こちらも中央に向かって歩きながら、手持ちの装備品の
確認を頭の中で整理してみるが 使える道具は一つもなかった・・・
仮に持って来ていても 突然の襲撃で装備している暇も
なかっただろう・・・
勝てないとしても 無抵抗で敗北するのは性格的に
あわんしな。そう思い雑魚狩り用に装備してた刀を
強く握り締め 一気に切りかかった。

「こんなモンですかね・・・」
敵の副官らしき船員が敵の船長に報告している。
「現金で1M あとは交易品少々と食料ってトコですね。」
敵の船員達に囲まれて甲板の中央に座りながら聞いていた。
「悪いな、いまこっちは作戦行動中でな。
 その礎になって貰った。」
ニヤリと笑う敵船の船長二人は 仲間という程ではないが
面識もあり、陸の上では簡単な挨拶を交わす位の仲ではあった。
「気にするな。危険海域の洋上だ。お互いの立場が違えば
 当然こうなる可能性も覚悟している。」
こちらもニヤリと強がりを見せてみる。
なにより移動用に持ち歩いていたメインフルリグドセイルは
甲板戦の間に古株の船員が 上手い事隠してくれた様で
収奪もされなかったしな・・・ と、心の中でほくそえんだ。

敵船が撤収し、船員達が船の修理やら補修やらで
動き回ってる甲板上で 誰に話しかける訳でなく
「負けだ、負けだ。まともな装備してても勝てる気がしねぇ。
 こっちは海賊相手が精一杯だな・・・」
空を仰ぎ見ながら呟いていると ランスロットが
「で、船長 これからどうします?」
と、今まで何もなかったかのように、淡々と聞いてきた。
「このままじゃ海賊相手もできやしねぇ。ジャカルタに進路を取れ。」
そう言って、船長室に向かって歩き出した。

数日後・・・

「船長、ありました!今回のは造りが随分しっかりしてます!」
ニーナが嬉しそうな笑顔で報告に走ってくる。
「ランス、お前はもニーナの・・・」
と言い掛けた所で
「船長、後は頼みます。ニーナ隊の支援に行きます!」
そう言いながら走り出し、船員の名前を呼びながら
ニーナと供に敵船に乗り込んでいった。





てな感じでgdgdな文章を書いてみましたヽ(´▽`)ノ
ま、この後も収奪出来たり襲われて沈したり
楽しく東南アジアで遊んでました^-^
が、急に重船尾が取れなくなったので 不貞腐れて
今はロンドンに戻ってたりもします(´・ω・`)
ノデノデ、見かけましたら
「あ、カリスマブロガーさんだ!」って声を掛けて頂けると
走って逃げますので ヨロシクです^-^
スポンサーサイト
Home | Category : 近況 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    なんだかんだで結構気に入ってますね、この趣向w
    毎回、面白く読ませて貰っています^^ 私が言うのもなんですが海賊にめげずに収奪頑張って><b

  • No Title

    ちょっと触発されて私も書いてみようって試してみたんですが・・・
    だ、だめだこりゃ!全然まとまんない!むきーっ!!!
    ・・・てなわけで、こういうのは自分で書くもんじゃない、人が書いたのを読むものだ!なんて思った○○歳の初夏の夜デシタ
    あ、10話打ち切りは勘弁ね!w

  • 初コメです☆

    はじめまして!
    先月ランキングから覗きにきて楽しく拝見させてもらってます^^
    物語すごく面白いです!
    映像が思い浮かぶほどです^^
    苦手と書いてありましたが、気が向いたらまたお願いします♪

  • No Title

    今回も力作ですね~^-^ノ
    北フラブログの残念具合と比べてしまう><;
    ムパにも文才わけてぇぇー^-^ノ
    SS失敗テクをお礼に分けてさしあげます!

  • No Title

    知華 さま
    意外と評判が良いので 無理して書いてます( ´Д⊂ヽ
    海賊さんに襲われるのはゼンゼン無問題なのですが
    収奪出来なくて逃げて来ちゃいました^-^

    ピヨぴよ さま
    自分で書かずに読む 凄く賛同致します(゚∀゚)
    出来れば自分もブログすら書かずに読む方に行きたいなぁと・・・
    あ、10話打ち切りぢゃないのでご安心を^-^
    3話で終了の予定ですので(゚∀゚)

    YUKIRIA さま
    初コメ感謝です~ヽ(´▽`)ノ
    自分もYUKIRIAさんのブログ チェックさせて頂いてるデスヨ(*ノ▽ノ*)
    これからもお暇な時にでも読んでコメント下さい^-^
    物語風 気分が乗らないと こんなgdgdなヤツですら
    書けないので 次がいつになるかですが頑張ります^^;

    むぱ さま
    いあいあ、北フラブログ いつも凄いなとチェックしてますデスヨ!
    文才なんて持ってないです( ´Д⊂ヽ
    いい加減で大雑把に書いてるだけですよ(´・ω・`)
    SS失敗テクはボクはすでにカンストしてるので遠慮しますね^-^

  • No Title

    先日は、いきなりお声をかけてしまい、すみませんでした^^;
    しかもうちのブログにまで訪問して頂いて;;;
    まだ方針すら決まってなかったので、何も書いてなかったですよね(;゚ Д゚)
    とりま初記事UPしましたー^^

  • No Title

    こじろー さま
    いあいあ、声を掛けて頂いて 本当に嬉しかったデスヨ^-^
    その場での会話が少ないのは 中の人がパソの前で
    アタフタしてるからなのです( ´Д⊂ヽ
    またお会いしましたらぜひ声掛けて下さいね^-^

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。